パーツ

お客様本位を徹底。


マイホームの主役は、お客様です!
これが変わることはありえません。

「弊社に全てお任せ下さい!」という言葉を期待している方は、
他の不動産会社さんに行って頂いた方が良いかもしれません。

と言いますのも、

どんな時代であっても「マイホーム購入の主役はお客様」です。
これが変わる事はありえません。

そもそも不動産会社が 「弊社に全てお任せ下さい!」 と発言することが、
お客様を不利益な購入に向かわせる第一歩である事が多いのです。

マイホームの購入は、“お客様主導” でなければダメ です。
何かを誰かと共同でやるときには必ず役割分担が必要ですよね。
マイホームの購入も同じです。

お客様と不動産会社の役割分担がうまくいかないと、
お客様にとっての良いマイホームの購入は出来ません。
「お客様がやるべき事は全て不動産会社任せにせず、
不動産会社がやるべき事はプロとしてキッチリこなす」
これが何より大事です。

具体的にお客様がやるべき事とは、

今はインターネットの普及により、物件情報が誰でもカンタンに集められる様になりました。
昔のように不動産会社に依頼しないと物件情報が集められない、という事はなくなりました。
ただ、不動産会社にしか集められない物件情報もありますので、

不動産会社は情報量を多く集める、
お客様はお好みによって物件を選別する

という役割分担で
情報収集するのが一番良いのです。

情報をお客様でもある程度は把握しておかないと、不動産会社の良い様に誘導されます。

本来もっとお客様にピッタリの物件があるのに、
不動産会社がその物件の事をお客様にお伝えしないで、
不動産会社の都合の良い物件だけをおすすめする。

なんて事は不動産会社がよくやる手段なのです。

どういうことなのかと言うと、大半の不動産会社の営業マンは、
皆さんにとって本当にいい不動産を買ってもらうことを目標にはしていません
(もちろん中にはいい営業マンさんもいらっしゃいますよ!)。

それでは営業マンにとっていい物件とは何か?

それは売主からも手数料がもらえる
両手物件(売主と買主両方から手数料をもらえること)
です。
お客様にとって最良の物件でも片手物件(買主からしか手数料がもらえない物件)は
お客様へのご紹介を後回しにしてしまうのです。(これは本当に最悪です!)

なので、本当に欲しい不動産は自らインターネットで探す。
これしかありません。
今では本当に多くの不動産情報サイトが乱立していますので、
ほとんどインターネットに物件情報は掲載されています。

成功する不動産購入のポイントとしては、お客様も全てを不動産会社任せにせず、
ご自身でも勉強をしておく必要があるのです。
マイホームの購入は不動産会社との役割分担が大事であり、
お客様が主役となってすすめていくべきなのです。

カテゴリー: ゆめみらいの基本, マイホーム購入   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です