パーツ

たとえ不利な情報でも、すべてお伝えします。


2つめのお約束は、
「たとえ不利な情報でも全てオープンにお伝えします」 ということです。
「しつこく営業しない」に比べると少しわかりにくいですね。
でも、重要な事なので少しおつきあい下さい。

業界用語に“回し”という言葉があります。
不動産会社にとって都合の良い物件をお客様に『買わせる』為に、
『最初にわざと悪い物件を見せて』、『その後に売りたい物件を褒めて』と、
引き立たせるやり方です。

残念ながら、これまでの不動産業界では平然とこのやり方が行われてきたのです。

本来、不動産会社には、“売らなくてはいけない物件はありません”。
お客様に紹介できる仲介物件は膨大な数なので、
“どの物件を売っても良い” し、“良いものだけを売れば良い”のです。
では、何で“回し”などという事が行われているのか?
それは「仲介手数料の仕組み」に関わっています。
たいていの不動産会社が
より多くの仲介手数料を手にできる物件ばかりを
優先して紹介しているのです。

また、物件に不幸な事件があるなど、
売主側や不動産会社側に不利な条件があったとしても、
それを隠して契約する

のが業界の常識でした。
ほとんど詐欺に近いものだと思います。

本当にこれで、お客様はもちろん自分達も幸せになれるでしょうか?
例え契約できなくなったとしても、
私たちは物件の悪い部分も全て正直に
説明します。
それがお客様のためになると考えているからです。
契約には至らないかもしれませんが、お客様から「ありがとう」と言っていただけます。
このお客様からの「ありがとう」が、私たちの仕事の価値なのです。

カテゴリー: ゆめみらいの3つの誓い   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です