パーツ
No items.

年金対策 - 年金制度&金融商品

年金に対する不安
夫婦二人で60歳から平均寿命まで生きた場合にかかるお金は1億円以上かかるというデータがあります。公的年金だけではゆとりのある生活は出来ません。
ご定年後夫婦2でゆとりのある生活を求めるのであれば月に40万円程度の収入を期待したいところです。

 

自己責任時代の年金対策
公的年金が不安視される時代、経済的にゆとりのある老後生活を送るためには、自分自身の努力で老後資金を得る必要があります。
個人年金は、年金契約という手続きによって法的に守られていますが、契約先金融機関が破綻した場合など、高リスクを背負う事になります。結局、個人年金も金融商品の一つなのです。
平均寿命が延びている現代においては、比較的ご負担ない取り組ができる確定年金など期間が決まっている商品であっても不安はあります。
月々の払い込み料金が割高な終身年金などの商品も、負担なく取り組みする事は困難です。